自己紹介文

そくてん‐きょし【則天去私】
夏目漱石の最晩年のことば。
小さな私を去って自然にゆだねて生きること。宗教的な悟りを意味すると考えられている。また、創作上、作家の小主観を挟まない無私の芸術を意味したものだとする見方もある。(広辞苑第4版より)

といっても、別に漱石に傾倒している訳でなし
野口さんに変わったし
やっぱり諭吉でしょ(ヲイ

トラックバックは一応チェックしますが、基本“来るの者は拒まず”です。
あ、SPAMは速攻通報削除ですよ。当然。